0120-218-992

OPEN /
10:30~14:00 
15:30~20:00(水曜定休)
土日祝 /
10:00~14:00 15:00~19:00

Oral medicine / External medicine

内服薬・外用薬


内服薬・外用薬は、ホワイトニング効果がより期待できるものから、肌荒れ防止など用途に分けて市販薬、処方薬とあり、肌トラブル改善に向けて、より早い結果をだすためにサポートしてくれます。
市販薬は医薬品であっても処方薬よりも成分の配合量が少ないことがあります。より確実に効果を期待したいという場合には、処方薬をご活用されることをおすすめします。

内服薬・外用薬は、ホワイトニング効果がより期待できるものから、肌荒れ防止など用途に分けて市販薬、処方薬とあり、肌トラブル改善に向けて、より早い結果をだすためにサポートしてくれます。
市販薬は医薬品であっても処方薬よりも成分の配合量が少ないことがあります。より確実に効果を期待したいという場合には、処方薬をご活用されることをおすすめします。

治療の効果を
高める内服薬

美肌美白

トランサミン錠/28日分
(2,000円)

効果・効能

肝斑/炎症後色素沈着の治療に広く用いられている治療薬で、メラニン発生の原因のひとつと考えられるプラスミンをブロックすることで、原因となるメラニンの発生を抑制します。

用法・用量

成人は1日3回、朝昼晩の食後に1錠ずつ服用
※年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

服用できない方

  • 血栓症(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎、肺血栓)の方、またはそのおそれのある方
  • ピルを服用している方
  • 妊娠中、または妊娠の可能性の高い方
  • 腎不全

副作用

かゆみ、発疹、食欲不振、胸やけ、下痢
このような症状や上記以外に気になる症状が出た場合は、服用を中止してください。

色素沈着の緩和

シナール配合錠/28日分
(1,500円)

効果・効能

シミの予防と改善の効果が期待できる治療薬でビタミンCを配合。
ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミ、そばかすができるのを防ぐとともに、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進します。

服用方法

成人は1日3回、朝昼晩の食後に1錠ずつ服用

副作用

胃部の不快感、吐き気、軽い下痢
このような症状や上記以外に気になる症状が出た場合は服用を中止してください。

肌の代謝を促進

ユベラ錠/28日分
(1,500円)

効果・効能

色素沈着やシミ、そばかすに効果が期待できる治療薬で、ビタミンEを配合。血管内での血液凝固を防ぎ、体内の血流を改善することで、皮膚の新陳代謝を促進します。また、酸化によるダメージから細胞を守る働きがあります。

服用方法

成人は1日3回、朝昼晩の食後に1錠ずつ服用

副作用

発疹、下痢、食欲不振、胃部の不快感
このような症状や上記以外に気になる症状が出た場合は服用を中止してください。

治療の効果を
高める外用薬

シミ・色素沈着・ニキビ跡

ハイドロキノン5% 
外用薬 12g(1,000円)

効果・効能

肝斑、紫外線や加齢の影響によるシミ、くすみ、にきびや傷の跡の色素の沈着などに効果があるといわれている治療薬。シミの原因の色素細胞であるメラニン色素が生成されるのを抑えて、メラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトを減少させる働きがあります。また、メラニンに働きかけて淡色化する働きもあり、肌の漂白効果があるとされています。

使用方法

1日1回夜、洗顔後にスキンケアで肌を整えた後、シミや色素沈着のある気になる部分のみに塗布します。

副作用

人によってかぶれや刺激をともなう場合もありますので、赤みや刺激が強い場合は使用を中止してください。

注意事項

  • 使用期間中は必ず日焼け止めを塗り、できるだけ紫外線を避けてください。紫外線を浴びるとシミが濃くなる場合があります。また、特に強い紫外線を浴びる可能性のある場合には、使用を中止してください。
  • ハイドロキノンは酸化されやすく、時間が経つと黄色~茶色に変色します。熱に弱い為、しっかりと密閉し冷蔵庫で保管してください。中身は半透明色です。変色しましたらご使用を控えてください。
  • 長期間、使用されると色抜けしてしまう可能性があります。2.3ヶ月を目処にご使用控えるようお願いします。

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ


0120-218-992

OPEN /
10:30~14:00 
15:30~20:00(水曜定休)
土日祝 /
10:00~14:00 15:00~19:00

メールでのお問合せ


メール問合せ

治療の流れ

01.医師によるカウンセリング

内服薬・外用薬治療についてのご説明を行い、お悩みに合わせて処方します。


02.終了・お会計

処方薬を受け取ります。

Q&A 
よくあるご質問

Q: シミが気になりますが、レーザー治療に抵抗があるため、内服や外用だけでも効果はありますか?

A:シミの治療にはIPLという光治療、レーザー治療、処方薬による(内服薬・外用薬)治療の3種類が挙げられます。
それぞれに適応や特長がございますので詳しくは診察時にご相談ください。
内服や外用薬だけの治療は、毎日の服用や使用をすることで予防と保護をし、徐々にではありますが改善していきます。

Q: どれくらいの期間服用、外用すれば良いのでしょうか?

A:症状、個人差によって異なりますが、1ヶ月後から効果が徐々に現れてきます。
2カ月を1サイクルとして使用いただくことをおすすめしております。
老化の予防などエイジングケア目的とされるに方は、定期的に摂取されることをおすすめしています。
詳しくは診察時にご相談ください。

Q: 市販の美白剤と、クリニックで出してもらえる美白剤に違いはありますか?

A:成分の濃度が異なります。例えば、漂白作用を持つハイドロキノンでは、市販のものは、医師の管理下にないため、濃度に限界がありますが、当院処方するものは5%と高濃度のため、高い美白効果が期待できます。

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ


0120-218-992

OPEN /
10:30~14:00 
15:30~20:00(水曜定休)
土日祝 /
10:00~14:00 15:00~19:00

メールでのお問合せ


メール問合せ

東京都豊島区東池袋1-11-1オーク東池袋ビル6階

0120-218-992

OPEN /
10:30~14:00 
15:30~20:00(水曜定休)
土日祝 /
10:00~14:00 15:00~19:00