お悩みから選ぶ

こちらのページではお悩みに合わせた施術をご案内しています。
ご掲載させて頂いていないお悩みも是非ご相談ください。

そばかす

医学用語では雀卵斑と呼ばれるそばかすは、遺伝性のしみです。
症状としては、鼻を中心とした頬骨のあたりや頸部、前腕など日光が当たる部位に生じやすく、雀の卵の殻表面のような斑点の模様(小さく茶色いしみ)が散らばっているかのように現れます。
単なるしみと比べると斑点が細かいのが特徴です。

そばかすは10代から発症し始め、遺伝的要因のほかにも紫外線の影響で濃くなる、色白の方が発症しやすいといったこともあります。

お勧めの治療:
レーザートーニング

肝斑

頬骨の高い部分などに左右対称にできる薄茶色か灰色のしみのことで、刷毛のようなもので塗ったみたいなしみが広がっているのが特徴です。なお額や鼻の下にもできることがあります。

同疾患は、妊娠や経口避妊薬の服用、更年期をきっかけに発症することが多いことから、(女性)ホルモンバランスの乱れが原因ではないかと考えられています。
40代以降の女性によく見受けられますが、発症頻度はそれほど高いものではなく、発症しやすい部位と症状がよく似ている老人性色素斑と診断される方もけっこう多いです。

お勧めの治療:
レーザートーニング + エレクトロポレーション(薬剤:トラネキサム酸/ヒアルロン酸/ビタミンCのミックス美容液)

くすみ

くすみは医学用語ではありません。
その定義としては、血流の低下(血行不良)、乾燥などで肌の角質細胞がめくれて細かい凸凹ができたことによる影、メラニン色素の沈着などによって明るさやツヤが感じられない状態を意味していると言われています。

なお、くすみの中でも最も多い原因が、表皮の老化による角質肥厚です。
角質肥厚というのは、老化により表皮の新陳代謝の周期が遅れ、古い角質が幾度も重なることで厚くなっている状態のことを言います。
このような肌になるとメラニン色素の濃度は高く(メラニン色素の沈着)なって、肌の透明感が失われ、くすみが現れるようになるのです。

お勧めの治療:
レーザートーニング + エレクトロポレーション(薬剤:成長因子)

毛穴の開き

毛穴の開きとは、その名の通り毛穴が開いている状態のことを言いますが、このような場合は毛穴のたるみによる開きが原因のことが多いようです。

たるみの原因は、主に加齢による皮膚のコラーゲンの減少で、これが減ってしまうことで皮膚は毛穴を支えられなくなっていき、やがてたるんだ状態になってしまいます。
このたるみが毛穴の開きです。
この状態を放っておくと、年を経るごとにさらに毛穴の開きは大きくなっていきます。
なお、毛穴の開きは早い方であれば、20代後半から気づくようになります。

お勧めの治療:
レーザートーニング + エレクトロポレーション(薬剤:成長因子)

しみ

メラニン色素が肌に沈着してできる、薄茶色から濃褐色の斑点が、いわゆるしみです。
しみができる原因というのは様々で、紫外線や老化をはじめ、ホルモンバランスの乱れ、遺伝的要素といったことも考えられます。
しみは原因や症状によって、老人性色素斑、肝斑、そばかす(雀卵斑)、遅発性両側性太田母斑様色素斑などに分類されます。

しみと呼ばれるタイプで最も多いのが老人性色素斑です。
これは、長年の日焼けの積み重ねによって起きるしみです。
多くの方は40歳前後になると、しみとして肌に現れるようになるので、急に増えたと感じられる方もいるでしょう。
しかしこれは日頃からの紫外線による肌ダメージが徐々に蓄積したものでもあるのです。

主に顔面や手、背中、前腕伸側などに認められます。
発生して間もない時期は薄茶色をしていて、その色はやがて濃くなっていきます。
サイズや形は1cmほどの丸い色素斑です。
場合によっては何年かした後に隆起していき、脂漏性角化症になることもあります。

お勧めの治療:
レーザートーニング + エレクトロポレーション(薬剤:トラネキサム酸/ヒアルロン酸/ビタミンCのミックス美容液)